消費者金融の発祥

消費者金融は、かつてはサラリーマン金融、通称「サラ金」と呼ばれていたものですが、巷での呼び名も変わり、消費者金融といった名前に変わりました。

この消費者金融は、1980年ごろに、サラリーマンに外の人も多く借りるようになってきたことでついた名前なのですが、かつてのサラリーマン金融という名前は、その当時過酷な取り立てが多発していて、その業態から、サラ金地獄といった別名も出てきてしまったもので、イメージも悪くなってしまったことから呼び名を変えた、という理由もあるのです。
現在は、貸金業法で登録していない会社の営業は、処罰の対象となっています。

しかし以前には、現在のような利息制限法の制定もできていなかったもので、登録もしていない届け出もしていない、そんな金融会社も存在していました。
いわゆる闇金なのですが、かつては闇金と町金のさかいが、一般の利用者には大変わかりずらく、最初に借り入れをした会社が闇金だったといった人も多く、その高額な金利による被害も出ていました。
利息によって、生活もままならなくなった人に対しての救済方法としては、自己破産といった手続きがあります。
これによって、免責といった処置になり、多くの借金の請求権が、免責されることになります。
しかし、破産者として公的機関などに、記載されることになります。
それによって、一時的につけなくなるような職業もありますので、過剰な借り入れには注意が必要です。

また、復権を受ければ、またその職業に就くことは可能です。
ですが、自己破産という面でのデメリットもたくさん存在しています。


☆特別外部リンク
こちらは無利息でお金を借りれるキャッシングサービスを提供している消費者金融です⇒ キャッシング 無利息

Copyright © 2014 消費者金融の落とし穴 All Rights Reserved.